こんにちは!愛知県東海市を中心とした愛知県各地域にて、住宅の新築工事やバリアフリーなどのリフォーム工事を手がける有限会社早川建築です。
家族の中に介護が必要な人がいる場合、住まいをバリアフリーにすることは重要です。
今回は、介護が必要な人、介護をする人が快適に過ごすことができるバリアフリー工事についてご紹介いたします。

出入りしやすい玄関


どの家の玄関にも、上り口の段差が存在します。
この段差を上がることは、お年寄りにとってはとても大変なことで、転倒の危険性も伴うでしょう。
段差があることにより、外出が億劫になってしまうかもしれません。
玄関の出入りをしやすくするため、段差を低くする、手すりを設ける、靴を履くための腰かけを設置するなどの対策を講じる必要があります。
また、スロープを設けて車いすで出入りができるようにして、雨の日でも滑りにくい土間にすれば、転倒する危険性も減るでしょう。

浴室とトイレ

入浴やトイレは、できるだけ誰かの助けを借りず、自分で行いたいところです。
介護が必要な場合でも、介護する側の人の負担を軽減できるリフォームが必要です。
浴室の場合は、出入り口の段差をなくすことはもちろん、床を滑りにくい素材にしたり、浴槽を低くして跨ぎやすくしたり、手すりを設置するなどの対応策があります。
トイレは、開閉がしやすいドアにして、車いすでも入れるように、出入り口やトイレ内を広くするとよいでしょう。
便座が座りやすい高さになっているということも重要です。

安全に上り下りできる階段

住まいによっては、階段が急な家もあります。
急な階段は、転落事故にもつながりますので、非常に危険です。
階段の段差を緩やかにし、手すりをつけることにより、転落事故の危険性を減らすことができます。
足腰への負担を軽減することで、介護を必要とする人が階段を上りやすくなり、自立した生活を送ることができるのです。
階段の他にも、昇降機を設置するという方法もあり、介護を必要とする人の安全と、介護をする人の安心を確保することができるでしょう。

早川建築へご相談ください!


昭和35年の創業以来、地域に根ざしたリフォーム業者として実績を積み重ね、お客様が快適に過ごせるための施工を行ってまいりました。
高い技術を持つベテラン職人が、住まいのバリアフリー工事をはじめ、新築工事やキッチンリフォーム、間取り変更リフォーム、床張り替えなどの内装工事をご提供しております。
バリアフリー工事の他、リノベーション、リフォームをお考えの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。


東海市の住宅のキッチン・お風呂リフォームや注文住宅は有限会社早川建築へ
〒476-0002 愛知県東海市名和町切戸17
電話:052-604-1289 FAX:052-601-4370