こんにちは!愛知県東海市に拠点を構え、フローリング張り替えやリノベーション、バリアフリー工事などの内装リフォームを手がける有限会社早川建築です。
介護リフォームは、要介護者が安全で快適な生活を送るため、自宅の環境を整備する大切な工事です。
今回は、介護される側、介護する側の両者を助ける介護リフォームの大切さについてご紹介いたしましょう。

要介護者の自立の手助け

玄関や浴槽、トイレなど、家の中にはさまざまな段差が存在しています。
それらの段差は、介護を受ける人にとって障害となり、安全に生活できる環境とは程遠いものとなってしまいます。
介護リフォームは、安全に移動できる動線を確保するバリアフリーや手すりの設置、車いすを利用している人のための広いトイレといった設備を施し、介護を受ける人の自立を手助けするために行います。

介護者の負担軽減

介護リフォームは介護を受ける人のための施工ですが、同時に介護をする人の負担を軽減するものでなければなりません。
介護をする人も使いやすい環境であることが望まれます。
例えば、介護リフォーム後の広い浴室やトイレなどの掃除を考えてみましょう。
広いぶん掃除も大変になりますので、掃除がしやすい仕様にすることが大切です。
介護する人の視点で介護リフォームを施すことも大切なのです。

将来を見据えた介護リフォーム

今は介護リフォームがいらなくても、将来的には必要になる可能性が高いといえます。
実際に介護生活が始まってからリフォーム工事を行うのは難しいので、あらかじめ将来を見据えた介護リフォームを検討しておくのがいいでしょう。
またリフォーム工事が大がかりなものになってしまう場合、工期中は仮住まいに移らなければなりません。
元気なうちにリフォームを済ませるという方法もあります。
早い段階で、介護の障害になるような箇所を見つけ出し、対策をとることが大切です。

早川建築へご相談ください!

住まいのリフォームについて、お困りごとはありませんか。
弊社は、バリアフリーをはじめとする内装リフォームのご依頼を承っております。
バリアフリー工事は、介護を行う上で必要不可欠です。
お客さまの視点に立ち、介護を受ける方、介護をする方どちらも安全で快適な生活を送ることができる介護リフォームを提供いたします。
幅広い内装リフォームに対応しておりますので、リフォーム会社をお探しのお客さまは、お気軽にお問い合わせください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


東海市の住宅のキッチン・お風呂リフォームや注文住宅は有限会社早川建築へ
〒476-0002 愛知県東海市名和町切戸17
電話:052-604-1289 FAX:052-601-4370