こんにちは!愛知県東海市に事務所を構え、注文住宅やお風呂リフォーム、キッチンリノベーションを行っている有限会社早川建築です。
お住まいに関するプロフェッショナルとして、日々の業務に真摯に取り組んでおります。
リフォームは、築年数ごとにおすすめのポイントがあります。
では、具体的な年数とリフォームするべき場所はどこなのでしょうか。
今回は、築年数別でリフォームを行うべきポイントについてご紹介します。

築10年

住宅を建ててから10年経つと、外壁の防水効果が弱くなり、ヒビも気になってきます。
外壁は住宅内部へ水が浸入するのを防ぐ役割があるので、小さなヒビでも見逃さないようにしましょう。
また、ヒビを見つけた場合は早めに修繕を行うことで、かかる費用が少なく済む場合があります。
他にも、水回りの設備が壊れてくるのも10年といわれています。
普段あまりみることのない、排水溝や配水管の点検を行って、水漏れがしていないか確認をしましょう。
お風呂場や洗面所も忘れずにチェックして、異常を見つけたら対処する必要があります。

築15年

建物の土台などの見えない部分の修繕が必要になってくるのは、築15年程といわれています。
土台などのリフォームはプロの判断が必要なので、プロに調査を依頼しましょう。
室内では、トイレの電気部品が壊れてくる時期です。
陶器でできているトイレは壊れない印象がありますが、本体が壊れていなくても周りを支える設備が壊れることがあります。
トイレは毎日使用するので、15年程経ったら一度点検をおすすめします。

築20年

築20年経つと、家全体をリフォームしなければなりません。
一般的に住宅の寿命は30年程といわれています。
また、20年も住んでいると家族構成も変わりますし、年を重ねて不便な部分が増えてきます。
そのような時は、リノベーションで段差のない床につくり替えたり、間取りを変えて住みやすい家にするのがおすすめです。

早川建築へご相談ください!

現在弊社では、トイレやお風呂などの一部リフォームから、間取り変更やバリアフリー工事などの大規模リフォームまで幅広く承っております。
これまで培ってきた技術力を発揮して、高品質な施工を行いますので、ぜひ弊社にお任せください。
一部リフォームや大規模リフォーム、リノベーションなどのお住まいに関するお困りごとは早川建築へお気軽にお問い合わせください。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


東海市の住宅のキッチン・お風呂リフォームや注文住宅は有限会社早川建築へ
〒476-0002 愛知県東海市名和町切戸17
電話:052-604-1289 FAX:052-601-4370