こんにちは!愛知県東海市を拠点にして、リフォーム、リノベーション、耐震工事を請け負っている有限会社早川建築です。

地震大国と呼ばれることもある日本。
必要に迫られて、時代とともに耐震基準も変わってきました。

耐震基準を満たしているような住宅はまだしも安全ですが、問題になるのは中古住宅です。

そこで今回は、「耐震工事はこんなときに役に立つ 」というトピックを取り上げます。


家屋倒壊のリスク

 

「今後、起こるかもしれない地震のためになにか対策しなければ……」
そう思いながらも、対策が後手に回るというのはいつの時代も同じですよね。

「潰れなければ助かる」と耐震診断士が話すほど、家屋倒壊のリスクは高いのです。

「もしも明日、地震が起こったら……」そんな不安を抱えたまま生活を送るのは、それだけでストレスになってしまいます。

つまり耐震工事とは、「命を守る」という本来の目的だけでなく、「日々の安心を担保する」という目的もあるのです。

そう考えると、「いち早く耐震工事をしたほうがいいのでは」と思えてきませんか?

とはいえ、いきなり耐震工事を考えるのはハードルが高いとお考えの方も多いかもしれません。

そういう方には、耐震診断の受診をおすすめします。
というわけで、次の項目では耐震診断についてお話しします。

耐震診断とは

 

耐震診断の対象は、木造在来工法2階建て以下の住宅です。

家の地盤や基礎からはじまって、壁の配置やその比率、老朽度、建物の形状、筋交いまで診断します。

これまでに耐震診断を行った住宅の半分以上が、総合評価点である0.7を下回ったという結果もあります。

上記は、あくまでも診断を受けた住宅の結果です。
そう考えると、日本には特定されていない既存不適格住宅が、まだまだ存在しているということがおわかりいただけるのではないでしょうか。


新築工事やリフォーム工事、耐震工事は有限会社早川建築へ!


ここまで、「リフォーム工事業者が施工にかける想い 」という話題をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

本コラムを読んで、ご自身にピッタリの工事を見つけていただければ幸いです。

新築工事やリフォーム、リノベーション、耐震工事は、信頼と実績の有限会社早川建築にお任せください。

まずはお気軽にお問い合わせください。


ここまでご覧いただきありがとうございました!


住宅のキッチン・お風呂・トイレリフォームは愛知県東海市の有限会社早川建築へ
〒476-0002 愛知県東海市名和町切戸17
電話:052-604-1289 FAX:052-601-4370