こんにちは!愛知県東海市に拠点を置き、住宅の新築工事やリノベーション、各種リフォームなどの施工を行っている有限会社早川建築です。
地震大国である日本において、建物の耐震リフォーム工事は重要なものになります。
では、どのような建物に耐震リフォーム工事は必要なのでしょうか。
今回は、耐震リフォーム工事が必要な建物のケースをご紹介いたします。

1981年以前に建築された


1981年6月1日に建築基準法が改正され、過去に発生した地震を教訓とした、建物の耐震基準が新しく施工されました。
それ以前に建てられた建物には、新しい耐震基準が適用されていませんので、耐震リフォーム工事を行ったほうがよいでしょう。
1981年6月1日以降に建物が完成していても、着工が法改正以前であれば、古い耐震基準で建てられている可能性があります。
特に、マンションなどの大型の建物は、着工から完成まで長い期間をかけますので、完成年が1982年、1983年という場合は、耐震基準を満たしているのか調査が必要です。

ビルトインガレージ

建物の1階部分を駐車場として使用するビルトインガレージは、限られた土地を有効に活用できるため、都市部でよく見られるものです。
ビルトインガレージは、雨風から車を守り、シャッターをつければ盗難対策になるなどの利点はありますが、耐震の面で問題があります。
1階部分に開口部を設けなければならず、柱や壁といった、建物を支える部分が少なくなってしまいます。
また、柱や壁の位置関係により、建物のバランスが悪くなり、耐震性が弱くなってしまうのです。
そのため、ビルトインガレージがある建物には、しっかりとした耐震補強を施さなければなりません。

地盤が弱い

建物の耐震性は、耐震基準をクリアした建築だけではなく、土地の地盤の強さも関わってきます。
いくら耐震性に優れた建物を建築しても、もともとの地盤が弱ければ意味がありません。
地盤が弱ければ、大きな地震が発生したときに地盤ごと建物が倒壊してしまう可能性があるのです。
2000年にも建築基準法が改正され、建物を新築する際には地盤の調査が義務づけられるようになりましたが、2000年以前に建てられた建物であれば、地盤の調査を行った方がよいでしょう。

早川建築へご相談ください!


弊社は、住宅の新築工事や間取り変更リフォームなどのリノベーション工事、キッチンリフォーム、床張り替えなどの内装工事のご依頼を承っております。
経験豊富なベテラン職人が、お客様にご満足頂ける高品質な施工で、多くの施工実績を重ねてまいりました。
耐震・バリアフリー工事なども行っており、お客様の住まいの安全と住みやすい環境をご提供しております。
新築、リノベーション、リフォームのご用命がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。


東海市の住宅のキッチン・お風呂リフォームや注文住宅は有限会社早川建築へ
〒476-0002 愛知県東海市名和町切戸17
電話:052-604-1289 FAX:052-601-4370