こんにちは!愛知県東海市を拠点に、内装リフォームや耐震リフォーム、バリアフリー工事などを手がける有限会社早川建築です。
日本は地震が多い国であり、東日本大震災以降、大きな地震に見舞われることが増えているため、耐震工事は必要不可欠です。
今回は、地震から家を守ってくれる耐震リフォームについてご紹介いたします。

耐震リフォームを行う理由

過去さまざまな大地震に見舞われた日本では、1981年6月1日に建築基準法が改正され、新しい耐震基準が施工されました。
これにより、建築物の耐震工事が義務化され、耐震基準を満たした建物が建てられるようになっています。
耐震リフォームを行うことで、建物は地震に強くなり、家財はもちろん、人命を守ることができます。
法律での義務化と地震から人命・家財を守るということが、耐震リフォームを行う理由です。

耐震リフォームが必要な建物

1981年に建築基準法の改正によって新耐震基準が定められましたが、それ以前に建てられた建物は、新耐震基準を満たしていませんので、耐震リフォームが必要です。
また新耐震基準以降に建てられた建物でも、老朽化が激しい建物は耐震リフォームを行ったほうがよいでしょう。
そのほかにも、地盤が弱い場所に建てられた建物や、大地震に見舞われたことがある建物なども注意しなければなりません。
このような建物に、耐震リフォームは必要になるでしょう。

耐震リフォームの施工方法

耐震リフォームは、基礎部分と壁の補強を行います。
基礎部分は建物の土台となる重要な部分ですし、壁は建物の外側を支える大事な部分になりますので、そこに耐震リフォームを施せば倒壊の危険は減少します。
しかし部分的に耐震リフォームを行っても、耐震性が上がらないこともあります。
そういったケースでは、建物全体に耐震リフォームを行うのが有効です。
全体的に耐震リフォームを行うことで、建物の強度が増すのです。

早川建築へご相談ください!

弊社では、耐震リフォームなどの内装工事のご依頼を承っております。
耐震リフォームは、建物を守るために行わなければならない重要な工事です。
経年劣化などにより強度が落ちてしまった部分や建物全体を補強し、地震が起きてもびくともしない安心な施工を提供いたします。
耐震リフォーム以外にも、間取り変更、フローリング張り替え、水回りのリフォーム、バリアフリーといった幅広い内装リフォームに対応しております。
リフォーム会社をお探しでしたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


東海市の住宅のキッチン・お風呂リフォームや注文住宅は有限会社早川建築へ
〒476-0002 愛知県東海市名和町切戸17
電話:052-604-1289 FAX:052-601-4370